トップページ−離婚を10倍有利にする情報サイト/離婚相談の掲示板あり−無料

離婚 > 過去の書き込み

離婚相談掲示板トップへ戻る


 妻が家出後、代理人たる弁護士から調停を申立てる旨の通知が(長文です) (5)
 投稿者 すっちゃん さん [ 九州/E-mail ]2013年11月16日(土) 11時26分
妻が家出後、代理人たる弁護士から調停を申立てる旨の通知が郵送されてきました。
妻とは家庭のことで夫婦喧嘩をしていました。喧嘩をすると妻は自室に籠り私との会話を一切シャットアウトし食事も作らなくなります。意思の疎通は携帯メールのみです。喧嘩後2週間ほど経った後に暴言を吐かれたので出て行けと私がメールし、その後妻はスマホの電源を切ったので長男の携帯に出て行くように伝えてと頼み、そのメールを見た妻はほとんど何も持たずに家を出て行きました。子供二人は置いたままです。その後、妻の実家へ訪ねたり、警察への届出、行政の窓口などにも相談に行きましたが行方は判明しませんでした。また妻の部屋からDVのパンフレットを発見しています。家出後2か月経過した頃に妻の代理人を名乗る女性弁護士から妻が離婚を希望しているので調停を申立てる予定である旨の書面が郵送されてきました。DVのパンフレットの余地には妻のメモが残されており「生活費を渡さない」「物を壊す」「外出やつきあいを制限する」「怒鳴ったり暴言を吐く」と記載されておりましたが、『出て行け』は暴言に該当するかもしれませんが、それ以外は一切事実無根です。調停ではこれ以外にも申告してくるかもしれませんが、今の段階で推測できるのかこの程度です。
婚姻費用や慰謝料の請求も併せてあるのかもしれませんが、大学受験を控えている子供2名を抱えており、弁護士に依頼することも妻への支払をすることも考えておりません。普通の会社員ですので給料収入だけでギリギリの生活を送っています。
アドバイスをお願いします。私は現時点での離婚を望んでおりませんので調停ではそう申し上げるだけです。
投稿者 ロゼッタストーン さん [ E-mail ]2013年11月17日(日) 17時00分
逆にどの様はアドバイスを求めてますか?

離婚はしたくないとの事ですが、離婚をしない為にはどうしたら良いか?
と言うアドバイスをお求めなのでしょうか?
投稿者 ホワイトライオン さん [ 中国 ]2013年11月18日(月) 08時05分
はじめまして個人的な意見なのですが、どちらにも非は必ずあると考えますので調停に応じれば良いと思います。 調停はどちらの味方でもあり中立です。 ただ奥様は弁護士を味方につけていますから弁護士を代わりに調停を戦おうとされているのかもしれませんね(自分の伝えたいことを全て伝えて)。 すっちゃんさんがご自分には非がないとおっしゃってますので、それが本当であるならば堂々と調停に出られても問題はないはずだと考えます。

私も本日申し込みます。 お互いに頑張りましょう。
投稿者 りな さん 2013年11月21日(木) 18時22分
親がそんな酷い喧嘩をしていたり
ましてや〔子供の携帯を使って妻に出て行けと伝える〕って
絵に描いたように、子供にとって最低最悪な環境ですね。
まず、親失格じゃないですか。
どこの家庭もそんな事をしているとでも思ってるのですか?

そこまでして執拗に、自分が〔出て行け〕と言っておきながら
出て行けば憤慨していたり、離婚する気もない。
責任持てない事を、平気で口にしてしまうタイプという事で
ご本人に、性格的に問題があります。
感情コントロールが出来ないのでしょうか。

離婚するとしても口にする必要ない言葉です。
奥様は専業主婦ですか?
〔家も金も自分の物〕という感覚が見受けられます。
だとしたら、奥様は配偶者ではなく、奴隷です。

何の為に〔出て行け〕なんて言うんですか?
よほどまとまったお金や環境がないと、困るのは目に見えていますし
そんな事を言ってしまっては、奥様にとって安住できる場
マイホームは壊れたはずです。

相手を困らせる事で、自分の要求を通したり思い通り動かそうとする事を、
話し合いとも 努力とも言いわず脅迫と言います。
DV加害者の特徴に該当します。

もし仮にDVがあったのなら
喧嘩した時に、奥様が自室に篭る等の行動は、何の不思議もない
ただの自己防衛になりますが、どうなのでしょう。
加害者の方は怖くないですから、奥様に聞いてみない事には。

ここまで酷い家庭で、離婚しないと仰る理由が分かりません。
奥様の判断の方は、当然で理解出来ます。

離婚しないのであれば、婚費を払うのが当然で義務です。
奥様の必要な当然の権利も認めないと言い放つ姿
私には、当然の権利すら認められない
大切にされてなさそうな奥様の不幸な姿が目に浮かぶ様です。
投稿者 みーやん さん 2013年11月26日(火) 12時27分
※記事は削除されました。