離婚 > 返信

HOME

※ご利用方法のわからない方、初めて投稿される方は投稿の前にヘルプをご覧ください。

▼ 経済的DV
お名前 ←お名前の保存
性別男性 女性
居住地
E-mail
 コメント
クッキーを保存(60日間)/パスワード:(英数8文字以内)
■お名前、性別、コメント、パスワード欄は必須です。■半角カナは使用しないで下さい。文字化けの原因になります。■タグを使用してもタグとしては機能しません。■自動的に改行されますので必要な個所のみ改行して下さい。
 経済的DV(2)
 投稿者 のん子 さん [ 北海道 ] 2018年07月04日(水) 23時54分
こんばんは。
離婚を考えていますか夫は応じません。
いろいろ問題はあるのですがお金に関して質問します。

冷めきった状況が続き、夫が家政婦みたいだ!家政婦にお小遣いやらない!と言ったりお小遣い、今度から実費制にするか検討中と言っています。

毎月食費3万小遣い2万という内訳です。
子供産まれてからも変わらずです。

夫の年収知らず夫が家計を管理して食費3万で小遣いなしでその都度の実費制というのは説明の仕方によっては経済的DVとして離婚理由になりますか?
投稿者 ロゼッタストーン さん [ E-mail ] 2018年07月05日(木) 07時19分
当然なります。
人として、女性としての尊厳をないがしろにし、何より夫としての役割を果たして居ません。

そんな状況でもし裁判所が離婚を認めないなら奴隷として生きなさいと言ってる様な物です。
離婚は安易に出来る事とは言いませんが、性格の不一致でも離婚は出来ます。

日記やメモでも良いからご主人の非道を明記し、再構築は無理だとアピールして下さい。
場合によっては慰謝料も取れるケースかと。

あまり離婚を勧めるスタンスではありませんが、現時点でその様なご主人が改心して貴方を
大切にし、夫婦一体となって幸せになるとは思えません。
たった一度しか無い人生ですから、早く別れて第二の人生を幸せにする為にリスタートした方が良いと思います。
金銭的に厳しい状況ですから、弁護士相談、依頼も難しい状況かと思います。
具体的なアドバイスの為に直接メールくれても構いませんし、法テラスや役所で相談出来る場合もあります。

悩まず行動を起こしましょう。